トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
神戸製鋼所 電力3社 暖房も可能な超高効率空冷ヒートポンプチラーを開発。 2006.05.15

(株)神戸製鋼所と中部電力(株)、東京電力(株)、関西電力(株)の4社は、冷暖房可能な空冷ヒートポンプチラーとして業界最高の COP5.5 (冷房)を実現した超高効率空冷ヒートポンプチラー「ハイエフヒーポン(冷房能力528kW)」を共同開発し、神戸製鋼所が10月から販売する。
 
新製品は、冷暖房兼用の空冷機で、新開発の高効率ファンなどにより空気熱交換器を高性能化するとともに、熱交換器へ水を吹き付ける(散水する)ことにより、さらに熱交換効率を向上させている。
 
尚、空気熱交換器に散水しない機種(冷房時のCOP4.3)もラインアップされている。 製品の概要説明は、→こちら。

(株)神戸製鋼所 中部電力(株) 東京電力(株) 関西電力(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.