トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
横河電機 世界標準ネットワークに準拠した冷暖房設備制御システムを発売。 2006.07.10

横河電機(株)は、世界標準ネットワークに準拠した冷暖房設備制御システム「ASTREA FM1000」を7月10日に発売し、この分野の事業を本格展開すると発表した。
 
新製品は、制御ネットワークにLonWorks(ロンワークス)、情報ネットワークにBACnet(バックネット)を採用し、標準ネットワークに準拠したシステム間では相互接続が容易で、最適な機器でシステムを構築できる。
 
また、同社のエネルギー管理パッケージ「Enemap(エネマップ)」や、設備傾向分析パッケージ「Exaquantum(エグザカンタム)」と組み合わせることで、消費エネルギー最小、CO2排出量最小での設備制御が可能になる。

横河電機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.