トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
山武 建物向けの新たなエネルギーデータ配信サービスを開始。 2006.07.13

(株)山武は、BAS(ビルディング・オートメーション・システム)のシステムメンテナンス契約者を対象に、エネルギー・室内快適性データサービス「Building-Scope(ビルディング・スコープ)」を7月14日から開始する。
 
同サービスは、前日までの建物のエネルギー使用状況や室内の快適性を診断・評価し、その結果を顧客にわかりやすいデータにして、インターネットでリアルタイムに配信する。
 
メニューは、エネルギーコスト評価(年間エネルギー使用目標に対する使用率管理)、室内快適性評価(各居室の快適性評価)、運用評価(エネルギー運用&室内快適度の運用バランス評価)となっている。

(株)山武
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.