トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
パロマ 経産省が同社湯沸器の一酸化炭素中毒事故による死者が15名と発表。 2006.07.14

経済産業省は、(株)パロマの子会社「パロマ工業(株)」製の半密閉式瞬間湯沸器について、昭和60年〜平成13年までの間に排気ファンの作動不良による一酸化炭素中毒事故が16件発生し、合計14名が死亡、さらに、平成17年11月に新たに1件の死亡事故が発生していたと発表した。
 
経済産業省の発表は、↓こちら。
http://www.meti.go.jp/press/20060714008/press-release.pdf
 
これに伴いパロマ工業が発表したリリースは↓こちら
http://www.paloma.co.jp/topics/2006/200607.pdf

(株)パロマ
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.