トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
東芝キヤリア 東京電力 高効率空冷ヒートポンプチラーを開発。 2006.07.24

東芝キヤリア空調システムズ(株)と東京電力(株)は、冷却時の定格COPが4.8/4.3(50Hz/60Hz)と、業界トップクラスのエネルギー消費効率を実現した高効率空冷ヒートポンプチラー「スーパーフレックスモジュールチラー」を共同開発し、10月より東芝キヤリア空調システムズが販売する。
 
新製品は、省スペース化と施工性に優れた「フレックスモジュールチラー」の特長を活かしつつ、大形空冷チラーとしては業界で初めて、高効率な新冷媒R410Aを採用するとともに、それに適した空気熱交換器を開発するなど機器の最適化を図り、エネルギー消費効率を向上させている。
 
また、通風性に優れたフォルム(外観)「Xフレーム」を採用したことにより、ユニット設置時の施工性がさらに向上したという。

東芝キヤリア(株) 東京電力(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.