トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
三菱樹脂 温泉・冷泉用に金属部材の耐食性能を高めた専用タンクを発売。 2006.08.31

三菱樹脂(株)は、温泉・冷泉専用に金属部材の腐食対策を強化し、耐食性能を高めた、温泉・冷泉専用タンク「ヒシタンク 温泉槽・冷泉槽」を開発し、9月1日から販売を開始する。
 
新製品は、腐食しにくいように内部の補強材や取出口、ボルト等の金属部材がナイロンコーティングされており、温泉槽には、80℃まで対応可能な耐熱FRPパネルと、保温材に高性能断熱材が採用されている。
 
同社では温泉用には従来、特注品で対応していたが、温泉ブームにより今後もより幅広い需要が見込まれまることから規格化に踏み切ったもので、初年度1億円の売上を計画している。

三菱樹脂(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.