トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
山武 発電制動方式のブレーキ機構を採用した熱源用蒸気調節弁を開発。 2006.09.29

(株)山武は、他社製品比で40%小型化した熱源廻り用蒸気調節弁「アクティバル スプリングリターン形」を開発し、10月から販売を開始する。
 
新製品は、停電時に蒸気を遮断するスプリングリターン機能を備えており、フェ―ルセーフが求められる蒸気アプリケーション(蒸気加湿、熱交換器、貯湯槽廻りなど)に適した調節弁となっている。
 
遮断方式には、衝撃荷重を抑制する発電制動方式によるブレーキ機構が採用されている(業界初、特許取得済み)。

(株)山武
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.