トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
関西電力 遠隔集中管理システムを安価に構築できる装置を開発。 2006.11.27

関西電力(株)は、各種設備管理用コンピュータシステムを、簡易な仕組みで遠隔集中管理することができる装置「エネルータ」を、(株)東芝と共同開発したと発表した。
 
この装置は、メーカーや仕様が異なる管理システムでも、サーバとモニタ・マウス・キーボードとの間の信号は業界標準規格であるという点に着目して開発されたもので、マウスやモニタ回路に直接接続するようになっている。
 
これによりメーカーが異なる管理システムでも、容易に集中管理を行うことが出来るようになり、システム構築費用を約50%削減できるという。

関西電力(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.