トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
日立アプライアンス 高効率ターボ冷凍機のラインアップに大容量機種を追加。 2007.03.28

日立アプライアンス(株)は、オゾン層破壊係数ゼロの冷媒(HFC-134a)を使う高効率ターボ冷凍機「HC-F-GXシリーズ」に、新たに大容量の1,600、1,800、2,000冷凍トンの3機種を開発し、ラインアップに追加した。
 
新製品は、3機種ともに COP 6.4を実現しており、日本市場以外には、省エネ対策が急務となっている中国をはじめ、東南アジア、中近東などでも販売される予定。
 
尚、日本市場向けは、土浦事業所(茨城県土浦市)で生産され、中国、東南アジア、中近東などの海外市場向けは、中国にあるグループ会社の広州日立冷機有限公司(中国広東省広州市)で生産される。

日立アプライアンス(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.