トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
松下電工 ビル用マルチエアコンも一元管理できる設備監視システムを開発。 2007.06.13

松下電工(株)は、中規模ビル向けの設備監視システム「エミット・ビルコントローラ WeLBA(ウェルバ)500」に、新たにオプション機能として空調管理ができるマルチエアコン通信機能を追加し、7月21日より発売する。
 
新製品は、照明やファンなどの動力に加えビル用マルチエアコンも一元管理できるようにしたもので、多くのメーカーのエアコンに対応できるように、RS232C通信が採用されている。
 
また、快適性を図りながら無駄を抑えた省エネ運転できる「温度設定緩和機能」に加え、執務者自身がパソコン上で室温の変更をリクエストできる業界初の「室温リクエスト機能」も装備している。

松下電工(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.