トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
松下電器 事前のシャワー噴射で便器の汚れ付着を防ぐ温水洗浄便座を開発。 2007.08.07

松下電器産業(株)は、便器の汚れ付着を未然に抑えて、掃除の負担軽減を狙いとする世界初 「360°方向アクアコート」機能を搭載した温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」GZシリーズ全4機種を、10月1日より発売する。
 
新製品は、人体検知センサーがトイレ入室を検知すると、アクアコート機能が自動的に作動して専用の広角ノズルから360°方向にシャワー噴射し、便器の内側表面に水膜を形成して便器の汚れ付着を抑えることで、掃除の手間を軽減するようになっている。
 
また、便座に「マイクロチュービングヒーター」と「アルミ合金」を組み合わせた「瞬間暖房便座」を採用し、セラミックヒーターによる「瞬間湯沸し方式」と併せて、「使う時だけあたためる」方式で、電気代を約76%カットするという。

松下電器産業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.