トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
積水化学工業 区画貫通部に使用できる、耐火性能を持つ塩ビ管を開発。 2007.09.25

積水化学工業(株)は、耐火性能を持った建物排水・通気用硬質ポリ塩化ビニル管および継手(エスロン耐火VPパイプ)・(エスロン耐火DV継手)を開発し、10月から発売する。
 
新製品は、三層構造の塩ビ管で、内外面の硬質ポリ塩化ビニル層と、高温になると大きく膨張し断熱・耐火層を形成する特殊配合の中間層からなっており、耐火DV継手にも独自の燃焼遅延配合が採用されている。
 
国土交通省大臣認定及び、(財)日本消防設備安全センター性能評定(共住区画・令8区画)を取得しており、防火区画の貫通部分に、耐火被覆処理を施さなくてもプラスチック管のみで火災時の延焼を防ぐことができるようになった。

積水化学工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.