トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
松下電工 中小規模向けのBEMSに対応した空調制御用コントローラを発売。 2008.01.17

松下電工(株)は、中小規模向け空調制御用ビルオートメーションシステム「Airtegra(エアテグラ)」に対応した、「空調制御用コントローラー Airopty(エアオプティ)」を開発し、1月21日より発売する。
 
新製品は、同社製中央監視盤との通信機能をもっており、中央監視盤からの空調機やVAVなどの機器制御や、中央監視盤への運転状況の情報を送信できる。
 
各コントローラー(コアユニット、VAVコントローラー)は、CPUを持つ自立分散システムとなっており、中央監視盤にトラブルが発生しても、コントローラーが制御に必要な室内温度などの入出力情報を持っているので、空調機の制御には影響が出ない。

松下電工(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.