トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
新日本空調 他 ICタグを利用した建築設備の機器保守情報管理システムを開発。 2008.03.25

新日本空調(株)は、新日空サ−ビス(株)、(株)アップトゥーデイト・コーポレーションと共に、PDAとICタグを活用した建築設備機器保守情報管理システム「Qui-M Master(クイムマスタ−)」を開発した。
 
新システムは、管理対象の機器に基本情報(メ−カ名・型式・納入年月日・施工者など)を記録したICタグを貼付け、日々の点検記録をPDAで行うもので、ネットワ−クを通じて直接サ−バ−にアクセスすることなく現場で過去の管理情報を得られるため、電波の届かない地下や機械設備室内でも容易に導入できる。
 
さらにPDAとPCを繋ぐことで巡回管理作業の日報を自動的に作成でき、業務の省力化が図れ、メンテナンスデータの蓄積・分析を可能にしている。

新日本空調(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.