トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
ダイキン工業 空調機の消費電力を削減できる「ビル統合監視盤」を発売。 2008.05.20

ダイキン工業(株)は、ビル設備の統合監視装置「D-BIPS(ディービップス)」の省エネ・省管理機能を強化・拡充した「D-BIPS IB(ディービップス アイビー)」を6月1日より発売する。
 
新製品は、エネルギー消費の多い空調機を自動的に抽出し、その要因と省エネ改善手段をビル管理者に知らせる「省エネ運転ナビゲーション機能(空調NaVi)」を搭載している。(ダイキンのビル用マルチエアコンが対象)
 
これにより、中・大規模ビルでは、従来は2時間程度かかっていたエネルギー消費量・運転状態の把握〜分析作業を、10〜15分程度の短時間で終わらせるこどができ、消費電力量を最大10%削減する事が可能だという。

ダイキン工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.