トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
ダイキン工業 ビル用マルチ遠隔監視システムの省エネ制御機能を拡充。 2008.06.03

ダイキン工業(株)は、遠隔監視でビル空調機の保守メンテナンスを提供する「エアネットサービスシステム」の基本機能に加え、省エネ制御機能を大幅に拡充した「エアネットIIサービスシステム」を開発し、10月1日より提供を開始する。
 
新システムは、同社のビル用マルチエアコン「Ve-upIIIシリーズ」を対象として、中小規模ビルに設置されている空調機のエネルギー消費実態把握、フィルターの汚れ・圧縮機異常などの問題箇所の特定、その改善計画の立案、改善後の効果測定などができる。
 
またオプションとして、空調機の維持管理に関わるコストを削減するための15年間修理費無償サービスや、ビル衛生管理法の基準に基づいた空調機の点検清掃サービスなどのメニューも用意されている。

ダイキン工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.