トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
三菱樹脂 省エネ、省スペース設計の角形開放式冷却塔を発売。 2008.07.28

三菱樹脂(株)は、従来のユニット式角形開放式冷却塔「ヒシクーリングタワーRiシリーズ」をベースに、省スペース・省エネルギー化した新型モデル「ヒシクーリングタワーM-Hiシリーズ」を開発し、7月30日から販売を開始する。
 
新製品は、冷却塔内部の充填材を3段に変更し、更に塔体設計を最適化することで水の冷却効率を高めており、従来製品との比較で最大約40%の省エネルギー化(電力消費の削減)を実現できたという。
 
また、充填材を3段にしたことで冷却塔の幅方向の長さも短くなり、省スペース化され、ユニット単位での現場搬入・設置が可能なため、工期短縮と工事コスト削減も図ることができる。

三菱樹脂(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.