トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
神戸製鋼所 他 高効率の水冷式スクリュチラーを開発。 2008.11.11

(株)神戸製鋼所は、中部電力、東京電力、関西電力の電力3社と共同で、ビルや工場の空調や冷却プロセスなどに使用される水冷式スクリュチラーとして業界最高のエネルギー効率(COP)を実現した「ハイエフミニ」を開発し、神戸製鋼所が、12月から販売を開始する。
 
新製品は、従来機の定価と同等としながら、同じ冷却能力クラスの水冷式スクリュチラーとして業界最高のエネルギー効率 COP6.0と、業界最高の年間のエネルギー効率(IPLV)9 .2を同時に達成している。
 
質量は2.4tと軽量で搬入作業が容易であり、さらに、4台まで接続することで、冷却能力528〜2,112kWまで、幅広い空調負荷に対応できる。
 

(株)神戸製鋼所
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.