トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
日立アプライアンス 部分負荷効率を向上させた高期間効率吸収冷温水機を発売。 2008.12.04

日立アプライアンス(株)は、年間を通じて大幅な省エネルギー化を達成した高期間効率吸収冷温水機「EXP/EXSPシリーズ」を開発し、12月15日から発売を開始する。(両シリーズで、120〜1,000冷凍トンの18機種をラインアップ)
 
新製品は、定格運転時に高効率の「EXシリーズ」をベースに、従来は一定回転のみの稀溶液ポンプにインバータ制御機能を追加することで効率の向上を図っており、負荷率50%におけるCOP 1.59、負荷率25%におけるCOP 1.60 と、二重効用型での世界最高効率を達成している。
 
この結果、15年前の同社製の吸収冷温水機を「EXPシリーズ」に更新した場合、年間880万円のランニングコストと350トンのCO2排出量を削減でき、「EXSPシリーズ」に更新した場合では、年間560万円のランニングコストと220トンのCO2排出量の削減効果を発揮するという。
 

日立アプライアンス(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.