トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
東京ガス アイシン精機 エレベーターに搬入できるコンパクトなGHPを開発。 2008.12.25

東京ガス(株)とアイシン精機(株)は、31m(10階以上)を超える高層ビルに設置が義務付けられている非常用エレベーターに搬入可能な、大能力タイプの「ガスヒートポンプエアコン(GHP)」の室外機を開発し、09年6月から販売を開始する。
 
新製品は、冷房能力45kWの大能力タイプながら、現行モデルよりも排気量が半分以下の小型エンジンを高速回転させ、高出力化を図ったことにより、従来機と比較して、室外機の幅は17%小さくなり、34%の軽量化を実現している。
 
また、ビル各階のベランダスペースへの設置を容易にするため、専用の排気ダクトが設けられているとともに、室外機の機外静圧を高めて、室外機からの熱を遠くまで排出できるようになっている。
 

東京ガス(株) アイシン精機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.