トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
山武 SaaS/ASPで提供する「CO2マネジメントシステム」を開発。 2009.01.05

(株)山武は、事業者全体の温室効果ガス総量把握・管理を支援するインターネットSaaS/ASPサービス「CO2マネジメントシステム」を開発し、4月より販売を開始する。
 
新システムは、総量管理機能により事業者全体のエネルギー/CO2の総量管理ができ、同社のBAシステムや安価な専用端末装置を接続することで、使用エネルギー量やCO2排出量の大きい系統などの抽出し、詳細な省エネ施策を立案するに役立てることができる。
 
今年4月の省エネ法改正で、従来の建物単位から、事業者単位(企業・自治体)のエネルギー管理が義務化されることに伴い、同社の顧客からは、事業所全体のエネルギーやCO2の総量を把握し、無駄な系統の抽出やCO2排出量が多い事業所を把握したいという要望が多数寄せられているという。
 

(株)山武
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.