トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
三菱電機 住宅向けに薄形で省電力のロスナイセントラル換気システムを開発。 2009.02.23

三菱電機(株)は、熱交換換気によって住宅の冷暖房費を節約する「ロスナイセントラル換気システム」の新製品として、消費電力を従来比最大45%削減した「DC大風量タイプ」をはじめとする「薄形ベーシック」シリーズ16機種を開発し、4月30日から順次発売する。
 
今回の薄形ベーシックシリーズは、従来の薄形大風量シリーズと標準シリーズを統合するとともに、「DC大風量タイプ」4機種を新たにラインアップに追加したもので、高い熱交換効率の「ハイパーEcoエレメント」を住宅用に初搭載したほか、全機種にメンテナンス性の良いカセット式フィルターボックス構造や、換気ダクト接続部分の方向を変更できるようにするなど、機能・性能面でも向上が図られている。 詳細は、→こちらを参照。[PDF]
 
また、DC大風量タイプは、給気と排気側の両方ファンにDC(直流)ブラシレスモーターを搭載することで、定格換気風量(150m3/h)時の消費電力が従来のAC(交流)モーターの70Wから 38.8Wに約45%削減されている。
   

三菱電機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.