トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
ダイキンアプライド ヘキサゴン形状(6角形)の空冷ヒートポンプチラーを開発。 2009.02.24

(株)ダイキンアプライドシステムズ(ダイキン工業100%子会社)は、高効率DCインバーター圧縮機の搭載と独自の「ヘキサゴン」形状(6角形)により、業界トップの冷却COP4.5を実現する高効率空冷ヒートポンプチラー「ヘキサゴンモジュールチラー」を開発した。
 
新製品は、空気側熱交換器を角度をつけて効率的に配置した独自の「ヘキサゴン」形状により、連結設置時の大幅な省スペース化を実現するとともに、適正な空気吸込みスペースを確保している。
 
同一形状同一寸法で超高効率タイプから大容量タイプまでの3タイプ(20、30、40馬力)が用意されており、09年4月から順次、受注を開始する。 また、半導体製造など産業用プロセス冷却用途向けに冷却専用機のラインアップも予定されている。
   

(株)ダイキンアプライドシステムズ
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.