トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
三機工業 空調用の冷温水搬送動力を60%削減できる新冷温水配管システムを開発。 2009.03.02

三機工業(株)は、ビルや工場の空調用冷温水搬送システムで、制御バルブを設置せずに個別ポンプのインバータ制御とループ配管を組み合わせることによって、冷温水搬送動力の年間ランニングコストを60%削減し、制御性も向上させた新冷温水配管システム「ノンバルブシステム」を開発した。
 
このシステムは、負荷に応じて空調機毎に設けられたインバータ付ポンプの回転数を制御することで空調機ループ配管の流量を確保しており、メインループ配管の流量は、還り冷温水温度が一定になるように制御され、各空調機毎のポンプは相互干渉を受けないようになっている。
 
その結果、各空調機へは必要最小限の流量配分が可能となり、温度や流量制御の自由度が大きくなることに加え、水搬送動力を従来方式と比較し約60%低減することができるという。
 
また、ポンプ流量とインバータ周波数が1対1に精度よく対応するため、インバータ周波数から算出した流量と冷水出入口温度差から熱量演算が可能で、流量計不要で各空調機ごとの熱量管理を容易に行うことができる。
   

三機工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.