トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
中部電力 空研工業 大規模ビル・工場向けの省エネ型電気式冷暖房システムを開発。 2009.04.27

中部電力(株)と空研工業(株)は、高効率の専用水冷式ヒートポンプとヒーティングタワーを組み合わせた「大規模ビル・工場向け省エネ型電気式冷暖房システム」を共同開発し、7月から空研工業が販売を開始する。
 
新製品は、専用水冷式ヒートポンプとヒーティングタワーの組み合わせを固定したことで、従来のような個別設計が不要となり、約30%のイニシャルコスト低減を達成している。
 
また、高効率の専用水冷式ヒートポンプを採用したことで、ガス式に比べて約30%の省エネ・CO2削減が図られ、年間ランニングコストでは 約20%安くなるという。
   

中部電力(株) 空研工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.