トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
東京ガス 他4社 集合住宅用の太陽熱利用給湯システムを開発。 2009.05.18

東京ガス(株)は、矢崎総業(株)、三協立山アルミ(株)、リンナイ(株)、(株)ガスターの4社と共同で「集合住宅用太陽熱利用給湯システム」の開発を行い、2010年2月の商品化を目指すと発表した。
 
このシステムは、集合住宅のバルコニー手すりに設置した集熱パネルによって、不凍液の熱媒に太陽エネルギーを吸収し、集熱循環ポンプでその熱媒を循環させて貯湯タンク内の水を温める仕組みで、集熱量が足りないときには、併設した潜熱回収型高効率給湯器「エコジョーズ」で加熱させる。
 
また、集熱循環ポンプの駆動のために太陽電池を装備しているため、天気がよいときに自動的に太陽エネルギーを集めることができる仕組みになっている。
 
集熱パネルは、バルコニーに垂直に設置されるため、集熱効率は落ちることになるが、お湯の需要が多い冬期には太陽高度が低くなることもあり、試作機による性能評価では、4人家族の給湯使用量の11%程度を太陽熱で賄えることが確認されたという。
   

東京ガス(株) 矢崎総業(株) 三協立山アルミ(株) リンナイ(株)
(株)ガスター
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.