トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
荏原冷熱システム 低圧冷媒を使用する高効率ターボ冷凍機2シリーズを発売。 2009.06.08

荏原冷熱システム(株)は、有資格者が不要な低圧冷媒 HFC245fa を使用する、超省エネタイプのターボ冷凍機 [RTVFシリーズ] と、スタンダードタイプの [RTBFシリーズ] 2機種を開発し、7月1日から発売する。
 
RTVFシリーズは、独立した2つの冷凍サイクル「二重冷凍サイクル」と1台の高速電動機で左右ニ段の羽根車を直結駆動する「高速ギアレス圧縮機」の採用によって世界最高レベルの COP 7.0(冷水温度10℃差仕様)を達成しており、冷却能力1407〜1758kW (400〜500 USRT) 2機種のラインナップに加え、今後 800USRTまで拡充させる予定。
 
RTBFシリーズは、現行機RTC機を後継補完する新たなスタンダードタイプの高効率ターボ冷凍機で、冷却能力879〜1758kW (250〜500 USRT) までの 6機種のラインナップに加え、今後、1500USRTクラスまでの展開を予定している。
   

荏原冷熱システム(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.