トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
三菱電機 空調用の高効率空冷式ヒートポンプ氷蓄熱ユニットを開発。 2009.06.09

三菱電機(株)は、東京電力と共同で、空冷式ヒートポンプチラー「コンパクトキューブ」と組み合わせることによってシステム全体のイニシャルコストを抑えたビル・工場向け空調用の高効率空冷式ヒートポンプ氷蓄熱ユニット「コンパクトキューブICE」を開発し、6月22日から受注、9月から出荷を開始する。
 
新製品は、システムコントローラーによって両ユニットの同時制御運転ステムを容易に構築できるようにしており、従来機に比べて低価格で、製氷運転時のエネルギー消費効率(COP)は51%向上している。(冷房追い掛け運転時は34%向上、暖房運転時は8%向上)
 
同社の試算では、吸収冷温水機と比較して、年間で54%のCO2排出量削減、44%の省エネ、71%のランニングコスト低減効果があり、 主に吸収冷温水機からの置き換えや既設氷蓄熱ユニットの更新を対象に売り込みたいとしている。
その他の特徴・詳細は、→こちら。[PDF]
   

三菱電機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.