トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
横河電機 熱源の1次ポンプ・冷却水ポンプを対象とする省エネシステムを発売。 2009.08.25

横河電機(株)は、ビルや工場などの空調用送水ポンプ省エネ制御システム「エコノパイロット」シリーズに、新たに熱源送水ポンプ省エネシステム「エコノパイロット HSP」を追加し、10月2日から販売を開始する。
 
従来の2次ポンプ制御用に対して、新製品は冷温水発生器の1次ポンプと冷却水ポンプを対象に制御するもので、熱源機の保護のためにより高度な制御と安全設計がされており、年間の消費電力量を最大70%削減できるという。
 
ポンプ送水の際、特に低負荷時にはインバータ制御やポンプ台数制御では送水量が過剰になってしまう問題点があるが、エコノパイロットは、負荷側が要求する流量に応じた最低限の送水圧力を目標値としてポンプの回転数をきめ細かく制御することで、ポンプの負荷を大幅に減らしている。
   

横河電機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.