トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
ネットワンパートナーズ オフィスビル向けの省エネソリューションを発売。 2009.12.01

ネットワンパートナーズ(株)(ネットワンシステムズ(株)のグループ会社)は、ICTを活用して照明や空調の管理を一元化することでエネルギー使用量を可視化し、企業の省エネ対策に貢献する、オフィスビル向けの省エネソリューション「CFMS by BX-office」を発売した。
 
「CFMS by BX-office」は、これまでIPネットワーク上で制御していた業務系ネットワークと、オフィスの照明や空調などを管理していた設備系ネットワークの統合管理を行うもので、シスコシステムズのルータ「ISR2800シリーズ」とユビテックの「BX-officeシリーズ」を組み合わせることで、両ネットワークの統合管理を可能にしている。
 
管理者は、GUI画面から遠隔制御や一元制御ができ、例えば、人感センサーやオフィススケジューラと連携して、人が入室すると自動的に照明や空調のスイッチが入り、退出時に自動的にスイッチを切るといったことができるようになる。さらに、東京都の環境確保条例に則った報告書(雛型)の自動生成や、使用状況のグラフ化など、レポート機能も充実している。

ネットワンパートナーズ(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.