トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
山武 温湿度発信器,湿度発信器,CO2濃度調節器の事故で安全対策を実施。 2010.01.18

(株)山武は、「室内形温湿度発信器」「室内形湿度発信器」および「室内形CO2濃度調節器」の一部機種で、電子部品の経年劣化から過電流が発生し、機器が焼損する事故が数件発生したため、安全対策を実施すると発表した。
 
同社ではこれらの製品について、無償で過電流供給防止のためのヒューズ取り付けや製品交換を実施するとしており、連絡を呼び掛けている。
 
対象となるのは、昭和61年3月〜平成18年3月に販売された室内形温湿度発信器および室内形湿度発信器と、平成9年6月〜平成19年3月に販売された室内形CO2濃度調節器で、型番等の詳しい見分け方は同社ウェブサイトで公開している。

(株)山武
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.