トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
東京ガス 日立 未利用エネルギーやコージェネ廃熱を活用できるジェネリンクを開発。 2010.02.08

東京ガス(株)と日立アプライアンス(株)は、動力源にコージェネレーションシステムの廃熱や太陽熱を一部活用し、さらに下水処理水、河川水、海水、地下水などの低温未利用エネルギーも有効利用できる「蒸気焚き高効率二重効用吸収ヒートポンプジェネリンク」を共同開発し、今月末から発売する。
 
新製品は、低温未利用エネルギーやコージェネレーションシステムの廃熱の活用によって暖房COPを 2.59まで高めることができ、ボイラーの蒸気消費量を61%削減することが可能だという。
 
コージェネレーション廃熱と蒸気の両方を駆動熱源として冷房だけでなく暖房運転も行える二重効用吸収ヒートポンプジェネリンクの商品化は日本初で、コージェネレーション廃熱の代わりに太陽熱を使用することも可能になっている。
 
能力は、冷房422kW(120RT)/暖房338kWから冷房3,516kW(1,000RT)/暖房2,813kWまでの10機種がラインアップされる。

東京ガス(株) 日立アプライアンス(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.