トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
竹中工務店 電気分解でレジオネラ対策ができる 温泉水電解除菌システムを実用化。 2010.03.30

(株)竹中工務店は、(株)東京ドーム・リゾートオペレーションズ、(株)ナカボーテックと共同で、電気分解により温泉水のレジオネラ属菌を除菌する「温泉水電解除菌システム」を開発した。
 
「温泉水電解除菌システム」は、温泉の配管内に設置した「電解装置」で温泉水(塩化物泉)に含まれる塩化物イオンを電気分解することで塩素を発生させ、温泉水を除菌するシステムで、塩素剤を使う従来のレジオネラ属菌対策と異なり、塩素臭を抑え、源泉の温泉品質を損なうことなく除菌することができる。
 
また、自動制御により残留塩素濃度を一定に保つことができるため、保守・管理が容易で、電気代などのランニングコストを低く抑えることができるという。

(株)竹中工務店
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.