トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.06.25
ダイダン
台風時でも微小差圧を保つことができる[除圧ダクト]を開発。

ダイダン(株)は、医薬品製造施設の室圧管理対策として、台風などの突風による製造室の圧力変動を抑制するユニット「除圧ダクト」を開発した。
 
新開発の「除圧ダクト」は、大きな圧力上昇分(急激な変動)を取り除く機構と、残りの小さな圧力変動分をダクト内の圧力センサーで高精度に制御する機構を組み合わせたもので、外気取り入れ用の空調ダクトに挿入するように設置するため、新築だけでなく既設の空調系統にも容易に適用できる。(排気側でも排風機と排気ガラリの間に設置が可能)
 
医薬品製造施設では、製造環境を清浄に維持するために製造室と隣室間に一定の差圧を設けているが、この差圧は数Pa〜30Pa程度の微小な圧力であるため、台風や季節風などの突風がガラリに吹き込むと所定の差圧を保てず、生産停止になる場合があることが課題になっていた。

ダイダン(株)
 →このニュースの詳細リリース[PDF]
Copyright (c) 2000-2018 Environmental System Design Institute, Inc.