トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.07.22
大成建設 東光電気
人を検知して照明や空調を最適制御するシステムを開発。

大成建設(株)と東光電気(株)は、共同開発の「次世代型人検知センサ」を利用し。人の在席状況に応じてゾーン単位で空調と照明を制御する「自動環境制御システム『T-Zone Saver』」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。
 
この次世代型の人検知センサは、人体が発する温度そのものを認識し、PCの発熱や日射による温度変化との識別も可能で、従来の人感センサに比べて誤認識が少なく、静止している人も含めて「在/不在」を確実にリアルタイムで認識することができる。
 
不在ゾーンでは、設定温度や運転モードの軽減を行い、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減するようになっており、照明の制御と併せて、従来の一般的なオフィスと比べ、建物全体でおよそ50%の消費エネルギー削減効果を見込めるという。

大成建設(株) 東光電気(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.