トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.08.04
ネットワン
オフィスビル向け省エネソリューションを多拠点管理,拠点間連携対応に。

ネットワンパートナーズ(株)は、オフィスビル向けの省エネソリューション「CFMS by BX-Office」を多拠点管理、拠点間連携対応の「CFMS-II」にバージョンアップし、8月4日から販売を開始した。
 
「CFMS-II」は、(株)ユビテックが発表した環境ソリューションUBITEQ BE GREEN SOLUTION製品「UBITEQ-G-SERVER」「UBITEQ-G-PILOT」に対応し、従来の「CFMS by BX-Office」と比べ、多拠点管理や各拠点同士での連携が可能になり、各拠点の電力使用量等をサーバで一元管理できるようになった。
 
また、グループウェア「サイボウズ ガルーン」と連携し、会議室予約と連動したエネルギー管理、会議室利用状況の把握が可能となり、共有スペースの有効活用によってエネルギー消費を削減することができる。

ネットワンパートナーズ(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.