トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.10.01
フジクリーン工業
省スペースで次世代型の合併処理浄化槽を開発。

フジクリーン工業(株)は、家庭用の高度処理浄化槽CF型5・7・10人槽(BOD 15mg/L以下、SS 10mg/L以下、T−N(窒素)20mg/L以下)を開発し、10月に全国一斉に発売した。
 
新製品は、既設の単独処理浄化槽(みなし浄化槽)から高度処理の合併処理浄化槽への入替え(転換)を考慮して開発した「沈殿分離・嫌気ろ床・好気循環方式」を採用しており、単独処理浄化槽(分離接触ばっ気方式)とほぼ同等の設置スペースを実現した。
 
現在、トイレ排水しか処理できない単独処理浄化槽が全国で 550万基あるといわれ、未処理のまま排出される台所・洗濯・風呂等からの[雑排水]を処理できる合併処理浄化槽への転換が重要な課題になっている。

フジクリーン工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.