トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.10.13
ガス3社
高効率のガスヒートポンプ(GHP)ビル用マルチエアコンを開発

東京ガス(株)、大阪ガス(株)、東邦ガス(株)の3社は、アイシン精機、三洋電機、ヤンマーエネルギーシステムと共同で、ビル用マルチエアコン(ガス式,電気式ヒートポンプ)で最高の省エネ性を達成した超高効率ガスエンジンヒートポンプ「GHP XAIR(GHPエグゼア)」を開発し、来年4月から順次販売する。
 
新製品は、熱交換を行うフィンの数を増やし、エンジンを小型化したことなどによって、年間の使用状況を踏まえた通年エネルギー消費効率(APF)が、最大で5.6相当と、ビル用マルチエアコンで最高効率を達成している。
 
ラインアップは、冷房能力45〜85kW(16〜30馬力)で、従来の同等製品(冷房能力45kW(16馬力))と比べて、一次エネルギー消費量で年間最大約19%、CO2排出量で最大約20%低減できるという。

東京ガス(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.