トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.10.25
三菱電機 東京電力
リニューアル需要に応える空調用高効率水冷チラーを開発。

三菱電機(株)と東京電力(株)は、ビル空調用の冷水を作る水冷チラーとして、省エネ性・経済性の向上と、小型軽量化を実現した空調用高効率水冷チラー「水冷コンパクトキューブ」(50USRT〜300USRT)を共同開発し、12月20日から三菱電機が販売する。
 
新製品は、リニューアルも容易な13人(内部部品を取り外した場合11人)乗りエレベーターに搬入できる機種としては国内最高の期間成績係数(IPLV) 8.4を達成し、従来機に比べて70%向上している。
 
これにより、都市ガスなどの吸収冷温水機と比較した場合、冷房運転時では、ランニングコストが24%低減され、54%のCO2排出量削減効果があると試算されるという。

三菱電機(株) 東京電力(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.