トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2010.12.16
大林組
携帯電話の赤外線通信を使って空調や照明を制御できるシステムを開発。

(株)大林組は、携帯電話の赤外線通信とZigBee通信を利用した空調・照明操作を行うシステムをアドソル日進(株)と共同で開発した。
 
携帯電話の赤外線通信とアプリ機能を利用したこのシステムは、天井に設置する赤外線の受光部を工夫することで、通常は数cmの通信に利用する赤外線通信を、一般的な事務所ビルの空調モジュール(7.2m×7.2m)であれば、どの席からでも操作できるようにした。
 
このシステムを採用すると、1,000m2あたり300万円程度の工事費で設置でき、携帯電話の通信費もかからず、個別に識別することも可能なため、他のエリアの操作をできないようにすることもできるという。

(株)大林組
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.