トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.01.05
日立プラントテクノロジー
太陽光熱を利用した環境配慮型の空調システムを開発。

(株)日立プラントテクノロジーは、独自開発の太陽光集熱器を採用した環境配慮型の空調システム「太陽光熱利用空調システム」を開発した。
 
パラボラトラフ式太陽光集熱器によって取得した熱エネルギーを利用して吸収式冷凍機を直接駆動させるシステムで、高効率の集熱器はシミュレーションによって風などの影響による焦点のズレを抑制する構造になっている。
 
今後、地中海沿岸、北アメリカ大陸中部、西アジア地域、北アフリカ地域やオーストラリアなどの日照量の多い地域(サンベルト地帯)を中心に、ビルや工場、地域冷房向けに販売し、2015年度には売上高50億円を目指すという。

(株)日立プラントテクノロジー
 →このニュースの詳細リリース[PDF]
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.