トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.01.27
栗田工業
オフィスビルなどの冷凍機の熱効率低下を防ぐ新しい水処理技術を開発。

栗田工業(株)は、工場やオフィスビルなどに設置されている冷凍機への汚れ付着を防止し、高い省エネルギー効果を実現する新たな冷却水処理技術「ハイブリッド処理」を開発した。
 
通常、冷凍機の熱効率低下を防ぐには、冷却水ラインに発生するスライムやスケールなどの汚れの付着を防止する水処理薬品を投入するが、薬品に含まれるスライム防止の有効成分が、時間とともに消耗し、効果が持続できないという問題を抱えている。
 
今回開発されたハイブリッド処理は、(1)汚れ付着防止の機能を高めた冷却水処理薬品、(2)スライム防止の有効成分の再生技術(有効成分濃度の自動制御)、(3)冷凍機の熱効率などを測定するモニタリング技術、の3要素を組み合わせたもので、安定的な冷却水処理を実現している。

栗田工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.