トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.01.31
構造計画研究所
設備点検業務支援システムをバージョンアップし、Android対応に。

(株)構造計画研究所は、施設の設備点検業務のIT化を支援するシステム「Builvise(ビルバイズ)」のバージョンアップを実施し、SaaSによる提供を2月1日から開始する。
 
Builvise はビルメンテナンス業界や、点検すべき設備を多く持つ製造業や電気、ガス、水道などのインフラ関連企業向けに、SaaS形式でサービスを提供する設備点検業務支援システムで、今回のバージョンアップでは、現在多くのスマートフォンやタブレットPC などの携帯情報端末がプラットフォームとしているAndroid(アンドロイド)に対応した。
 
また、その機能としてQRコードを認識してその設備の点検項目と結果入力画面を呼び出す機能や、音声で入力・認識し、点検結果データとして反映する機能が追加されたほか、クライアントPC機能では機器の状態を継続的に記録、保持してグラフ表示などで確認する運転監視記録機能も追加されている。

(株)構造計画研究所
 →このニュースの詳細リリース[PDF]
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.