トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.02.01
パナソニック電工
小型ヒートポンプを一体で搭載した浴室換気乾燥機を開発。

パナソニック電工(株)は、ヒートポンプを浴室天井部に設置できるサイズに小型・一体化し、業界で初めて浴室換気乾燥機に搭載した「ヒートポンプ式バスルームコンディショナー」を開発し、3月22日から発売する。
 
新製品は、電気ヒーター式に比べてエネルギー効率がよく、1回当たりの電気代は予備暖房が3円、衣類乾燥が39円となり、同社の電気ヒーター式浴室換気乾燥機(暖房能力:1.3kW)に比べると、予備暖房で約60%、衣類乾燥で約70%の電気代削減になるという。
 
また、暖房能力も約1.4倍向上しており、衣類乾燥時間を約50%短縮できる。
希望小売価格は、207,900円 (税込)。

パナソニック電工(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.