トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.07.12

大成建設

節電対策と運用CO2排出量の最少化する自動制御システムを開発。


大成建設(株)は、建物運用時のCO2排出量を最少化し、使用電力の削減やピークカットに効果を発揮するシステム『T-Carbon Conductor(ティ・カーボン・コンダクター)』を開発し、同社が設計施工の(株)カナオカ関西新工場に導入した。
 
『T-Carbon Conductor』は、建物の照明・空調機・換気機・冷凍機・生産装置・コンプレッサーなどの機器と、すべての電力・ガス・油の使用量をリアルタイムでモニタリングし、設定した目標値に合わせて、照明制御システムへの節電運転指令(照度設定変更など)や、空調システムへの節電運転指令(エアコンデマンド制御・温度設定変更など)を自動的にコントロールする。
 
また、照度設定など細かい制御機能がない施設でも、エリア別、時間別による計画的な消灯や空調機の稼働によって、ピークカット・ピークシフト運転ができるようになっており、15%の削減を目標値として設定すれば、現在課題とされている節電対応にも有効だという。


大成建設(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.