トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.07.19

日本IBM 竹中工務店

スマートなビルを実現するアーキテクチャーと新技術を実装。


日本IBM(株)と(株)竹中工務店は、オフィスの快適性を損なうことなく節電できるスマートなビルを実現するアーキテクチャーと新技術を、TAKイーヴァック(竹中工務店の関連会社)の新砂本社ビルに実装した。
 
これまで、竹中は、NEDOの「次世代省エネルギー等建築システム実証事業」で、異なるメーカーの空調、照明、各種センサーを統合的に制御し、エネルギー消費を最小化する技術を開発し、TAK新砂ビルで実証を進めていた。 一方、日本IBMは、経産省の地域エネルギーマネジメントシステム開発事業で、地域エネルギーマネジメントシステムを開発し、クラウド上の地域共通プラットフォームで、行政、事業者、住宅などのエネルギーマネジメントをはじめとするサービス基盤の実用化を進めていた。

今回、IBMのクラウド上の「地域共通プラットフォーム」と、竹中の「次世代設備制御システム」を接続することに成功したことで、複数ビル内の多様な設備機器を統合的に制御できるようになり、例えば、それぞれの地域の天気や時間帯、使用状況などの条件を自動的に判断し、全国に散在する複数ビル内の空調や照明を一元的に制御できるようになるという。


日本IBM(株) (株)竹中工務店
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.