トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.09.26

三菱樹脂

デシカント空調機の販売を本格的に開始。


三菱樹脂(株)は、従来に比べ低温の熱源で駆動する独自の除湿・加湿用デシカント空調機『AQSOAデシカント空調機』の本格的な市場拡大を図るため、クーリングタワーの販売実績を持つ三菱樹脂販売内に拡販プロジェクトを結成し、全国での営業・マーケティング活動を開始した。
 
デシカント空調機は、水蒸気吸着材を用いて空気中の水蒸気(湿度)を調整するもので、同社独自の機能性吸着材「AQSOA」は、一般的な吸着材のシリカゲルに比べて、低い温度領域でも効率良く水蒸気を放出(再生)できるという特長があり、少ないエネルギーで稼動することができる。
 
また、三菱樹脂販売の初受注物件として、伊原学准教授が設備設計を担当する東京工業大学環境エネルギーイノベーション棟に納入されることも合わせて発表された。


三菱樹脂(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.