トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.10.06

三菱電機

管理者がいない小規模ビル向けの「ビル設備管理システム」を発売。


三菱電機(株)は、ビルの空調・照明・入退室などの各設備を監視・制御するビルオートメーションシステム『Facima(ファシーマ)』の新製品として、小規模ビル向けのビル設備管理システム『Facima Lite-system(ライトシステム)』を追加し、10月7日から発売する。
 
新製品は、管理者がいない小規模ビル向けとして、空調・照明・セキュリティー設備などのビル設備の稼働状態を遠隔監視し、異常や故障、警報の発生時には専門スタッフが出動することになっており、設備データの分析レポートも月一回提出される。
 
『Facima Lite-system(ライトシステム)』の価格は 700,000円〜で、三菱電機ビルテクノサービスの運用サポートサービス『ファシーマサポート契約Lite』(月額 10,000円〜)との一括契約を前提としている。


三菱電機(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.