トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.11.24

清水建設

クリーンルーム向けのケミカルフィルターとフィルター
ユニットを外販


清水建設(株)は、自社で開発・実用化した高性能ケミカルフィルター『SACCフィルター』と、フィルター内蔵の汚染物質除去装置『SACCユニット』を、クリーンルーム用機器の専門メーカーの(株)忍足研究所を通じて、12月から外販する。
 
『SACCフィルター』は、60cm角,厚さ3cmで活性炭を基材としており、アンモニアやNOx、SOx、VOCなどのケミカル汚染物質を効率よく吸着・除去することができ、既に同社設計施工のクリーンルームで15万枚の販売実績がある。 標準タイプとして、陰イオン除去用のアニオンフィルター、陽イオン除去用のカチオンフィルター、有機成分除去用のハイドロカーボンフィルターの3種類があり、それぞれ販売価格は3万円/枚。
 
『SACCユニット』は、SACCフィルターとファンを内蔵したケミカル汚染物質の除去装置で、クリーンルーム内のリターンシャフトや床下の僅かなスペースを利用して「置くだけ」でケミカル汚染物質を除去できるため、空調機やダクト等を整備する必要がない。 大きさは65cm角、高さ1.5mとコンパクトで、販売価格は 200万円/台。


清水建設(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2018 Environmental System Design Institute, Inc.