トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2011.12.21

NTTファシリティーズ

外気冷熱を活用するデータセンター用空調機を開発


(株)NTTファシリティーズは、高い省エネルギー性が要求されるデータセンターに適した間接外気冷房型空調機として「FMACS-V hybrid(エフマックス・ファイブ・ハイブリッド)」(冷房能力45kW)を日立アプライアンス(株)と共同開発し、12月26日より販売を開始する。
 
「FMACS-V hybrid」は、外気温度が低い冬期から中間期は冷媒ポンプを使用するポンプサイクル、外気温度が高い夏期から中間期は圧縮機を使用する圧縮サイクルと、サイクルを切り替える機構を備えた世界初となるデータセンター用空調機で、圧縮機に比べ1/10程度の低い消費電力で冷媒ポンプは駆動し、同程度の冷房能力を発揮できる。
 
外気温度が約10℃より高いときは圧縮サイクル、約-5℃より低いときはポンプサイクル、その間は負荷状況に応じてどちらかのサイクルを選択して運転するようになっており、一般電算機用空調機に対して、年間消費電力量の試算では、札幌で54%削減、東京では42%削減できるという。


(株)NTTファシリティーズ
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.